育毛剤とはどんな物?

育毛剤とは何?

 

髪の毛に関する商品には育毛剤・養毛剤・発毛剤等といった多くの製品が販売されており、それぞれの違いがよくわからない事があります。

 

育毛剤は毛髪の成長を促す為の物で、太くハリやコシのある健康な髪の毛を育てるサポートをしてくれます。

育毛剤は今生えている髪の毛に影響を与え、抜け毛を防止したり髪の成長を促進させる効果が期待できるという物です。

 

 

育毛剤・養毛剤・発毛剤の違いとは?

 

この3種類はどれも頭皮環境を整えて毛髪を健やかに育て、薄毛や抜け毛と言った髪のトラブルを改善する為の物です。

頭皮の環境が改善される事で新しい髪の毛も生えて来る事が期待出来るので、この3種類はほとんど同じ目的で使用出来ると言えます。

 

これらの製品は、配合されている有効成分等の違いによって「化粧品」、「医薬部外品」、医薬品」に区分されます。

養毛剤は「化粧品」、育毛剤は「医薬部外品」、発毛剤は「医薬品」として区分されている事が多いようです。

 

そして、効果の強さ、副作用のリスクは「化粧品」、「医薬部外品」、「医薬品」の順に高くなると言えます。

 

 医薬品と医薬部外品、化粧品の違い

 

 

自分のお肌に合った物を選びましょう

 

効き目の強さのみを重視してイキナリ医薬品薄毛治療薬等を使用する前に、自分の身体(頭皮)に合った物を選ぶ事が大切です。

たとえば敏感肌やお肌の弱い方には医薬品は刺激が強すぎたり、配合された成分や製品その物がお肌に合わない方もいます。

そうした物を使用すると逆に頭皮の状態を悪化させ、逆効果となる事もあります。

 

初めは効果の穏やかな養毛剤(化粧品)から始めて、身体を徐々に慣らしていく方法も良いでしょう。

育毛剤等の効果はスグに現れるものではありませんので、自分で薄毛対策ケアを行う場合に、結果を急いで効果の強い物を最初から使用するのはあまりおススメは出来ません。

 

効果の強い医薬品はその分、副作用の可能性があります。特に初めて使用する場合、医師や薬剤師の判断を仰ぎ、異常が出た場合は直ちに使用をストップしましょう。

 

 

 育毛剤についての知識に戻る

 

 

 

i7

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Pocket