頭皮ニキビに有効な抗生物質

 

抗生物質でニキビを治す

 

頭皮ニキビの改善には飲むタイプのニキビ薬が有効です。飲むタイプの治療薬は全身に効果が行き渡るので、体毛がある為に外用薬の塗りにくい頭皮やアンダー部分のニキビにも対応出来ます。

飲むニキビ治療薬は錠剤タイプの抗生物質で、ニキビの原因となる体内の細菌の増殖を抑えたり、死滅させる事で症状を改善します。

抗生物質は飲むタイミングや同時に摂ると良くない成分も幾つか有るので、使用の際はその薬の用法を良く守る事が大切です。体質によって多少の副作用が見られる事もあります。

 

 

ジェネリックダラシン 1箱100錠

 

ロジール(Rosil)は先発品ダラシンのジェネリック医薬品で、クリンダマイシンが主成分となっており、一部特定の細菌によって引き起こされる感染症に対し、細菌を抑制する効果を発揮する抗生物質です。

ロジールの有効成分クリンダマイシンは、主に、ブドウ球菌属、レンサ球菌属、肺炎球菌など、グラム陽性球菌として分類される菌に対し、抗菌作用を示します。なお、このクリンダマイシンは、菌を直接死滅させるのではなく、細菌の蛋白質合成を阻害することで、増殖を抑える(静菌効果)タイプの薬剤ですので、一定期間服用を継続する必要があります。

 

 

トダシン 1箱100錠

 

トダシン(Todacin)はクリンダマイシンを主成分とする先発品ダラシンのジェネリック医薬品で、一部特定の細菌によって引き起こされる感染症に対し、細菌を抑制する効果を発揮する抗生物質。

トダシンの有効成分クリンダマイシンは、主に、ブドウ球菌属、レンサ球菌属、肺炎球菌など、グラム陽性球菌として分類される菌に対し、抗菌作用を示しますが、菌を直接死滅させるのではなく、細菌の蛋白質合成を阻害することで増殖を抑える(静菌効果)タイプの薬剤ですので、一定期間服用を継続する必要があります。

 

 

アポミノサイクリン 1箱100カプセル

 

ミノマイシンのジェネリック医薬品となるアポミノサイクリン(APO-Minocycline)は塩酸ミノサイクリンが主成分となっており、淋病や梅毒等、一部特定の細菌によって引き起こされる感染症に対して、大きな効果を発揮する抗生物質です。

アポミノサイクリンは、菌を直接死滅させるのではなく、細菌の成長過程を妨害し衰弱させる(静菌効果)タイプの薬剤で、一定期間服用を継続することで細菌を再活性させないことが重要となります。

アポミノサイクリンは、様々な感染症(淋病、梅毒、にきび、歯肉炎、口内炎、気管支炎、気管支肺炎、リンパ管炎、リンパ節炎、感染型食中毒、腹膜炎、膀胱炎、尿道炎、前立腺炎、外陰炎、膣炎、子宮内感染、中耳炎、外耳炎など)に効果があり、主にグラム陰性桿菌(いんせいかんきん)やクラミジア等の細菌にも効果を発揮します。有効成分である塩酸ミノサイクリンが、体内に入ってしまった細菌の生育に必要なタンパク質の合成を妨害することで、細菌そのものの増殖を抑え、症状を改善させます。

 

 

 

 

i7

 

 

 

 

 

 

 

 

Pocket