コンディショナーとは

コンディショナーとは

 

髪を洗った後は、髪の毛がアルカリ性に傾いてゴワついたりきしんだりパサついたりしています。

コンディショナーは、シャンプー後に利用する事で髪の状態を整えてくれます。

 

コンディショナーはリンスと同じように使われていますが、違うのはコンディショナーの方がより滑らかな髪の毛にする効果をもつことが多く、コンディショナーに含まれるシリコン等の皮膜成分が髪の毛の表面をコーティングしてくれるといった役割も持ちます。

 

 

トリートメントとコンディショナーの違い

 

トリートメントはダメージを受けて傷んだ髪の毛の内部に栄養分や補修成分を浸透させて美しく見せるためのもので、コンディショナーやリンスにこうした役割はありません。

しかし、トリートメントにも髪の毛の表面をコーティングして滑らかな状態にする効果があるため、トリートメントの種類によってはその後のリンスやコンディショナーの使用は無くても良い場合があります。

 

トリートメントで痛んだ髪を補修

 

 

コンディショナーの使い方

 

ZA 0031

 

コンディショナーはリンスと同じ様な役割を持つため、一緒に使用する事は無く、シャンプー後にコンディショナーかリンスのどちらかを利用します。

 

リンスの使い方

 

 

コンディショナーは髪の表面の状態を整える為の物ですので、頭皮には付けず、髪の毛だけに使用します。髪の毛の根元も避けて、毛先や中間辺りに馴染ませるようにします。

 

トリートメントと違って、髪の内部にまで成分が浸透してダメージを補修してくれるものではないため、つけた後は時間を置かずにスグに洗い流してOKです。

 

 

 コンディショナーやリンスの順番

 

シャンプー後の髪の毛内部にトリートメントで栄養分や補修成分を十分浸透させた後、コンディショナーやリンスを使用して髪の表面の状態を整えていきます。

 

順番が逆だとトリートメントの有効成分が髪の内部に届きにくくなり、あまり効果が期待出来なくなります。

 

トリートメントにもコンディショナーと同じような効果を持つものが多く、その場合にはコンディショナーは不要です。特にパサつきが気になるような場合にはトリートメント後にコンディショナーも使用します。

 

 

髪と頭皮に良いおススメのシャンプー

 

 

 

i7

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Pocket