医薬品と医薬部外品、化粧品の違い

薬事法によって分類されるスキンケア製品

 

私達が普段使用している薬、スキンケア、ヘアケア用品等は薬事法という法律によって、「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」のどれかに分類され、その効果・効能の範囲が明確に分かれています。

 

薬事法とは「医薬品」や「医薬部外品」、「化粧品」、「医療機器」等の身体への安全性や品質、効果を確保するために定められている法律で、その製品の製造・販売・流通に関する規定から表示や広告の内容、表現に至るまで細かく規制するものです。

 

 

医薬品とは

 

医薬品」とは、病気の「治療」を目的とした薬のことで、病院で医師が処方する医療用医薬品と、薬局等で市販されている一般用医薬品とに大別出来ます。

配合されている有効成分の効果が厚生労働省により認められていて、病気の治療や予防といった目的のために使用される薬等がそれに当たります。

 

 

医薬品の特徴

 

・医薬品には「ニキビに効く、傷が治る」といった効能・効果がラベル等に明確に表示されています。

・医薬品は、その製品に含まれている有効成分をラベル等に表示する事が出来ます。

 ※有効成分とは、効果・効能が認められる成分の事です。

 

 

医療用医薬品の入手には医師の診察・処方が必要となりますが、一般用医薬品は医療用医薬品に比べて作用が緩やかな為、医師の処方無しでドラックストアやネットで購入する事ができます。

 

医薬品にはこんな物があります

医師が処方する薬、漢方薬、薬局で購入出来る風邪薬等

 

 

医薬部外品とは

 

医薬部外品」とは、厚生労働省が許可した効果・効能に有効な成分が、一定の濃度で配合された物を指します。購入するのに医師の処方等は必要ありません。

効果や効能が明確に表示されている医薬品とは異なり、効果が期待できるという感覚で、病気や怪我の治療よりも防止や衛生に重点を置いた目的で作られているのが「医薬部外品」の特徴。

 

つまり治療薬では無いので病気や怪我を治す程の力は無い、と言えます。

 

 

医薬部外品の特徴

 

・医薬部外品には有効成分が配合されている為、「にきびを防ぐ、皮膚の殺菌」といった効能・効果をラベルに表示する事が出来ますが、表示していない事も多くあります。

・医薬部外品は、その製品に含まれている有効成分をラベル等に表示する事が出来ます。

 

 

医薬部外品にはこんな物があります

育毛剤、日焼け止め、 制汗スプレー、染毛剤、入浴剤、薬用化粧品、薬用石けん

 

 

 化粧品とは

 

医薬品や医薬部外品と比べてさらに効能・効果が緩やかで、人を美化し、魅力をUP、健やかに保つといった目的で使用される製品の事です。

 

 

 化粧品の特徴

 

化粧品は使用している成分をすべて表示する事が定められています。

化粧品は医薬品・医薬部外品に認められているように、「ニキビに効く、傷が治る」といったような効能・効果をラベルに表示する事が出来ません。

化粧品は、含まれている成分を「有効成分」というように記載する事は出来ません。

 

このように化粧品と医薬品・医薬部外品は、ラベルに「効能・効果」「有効成分」の明記があるかどうかで見分ける事が出来ます。

 

 

化粧品にはこんな物があります

石けん、シャンプー、リンス、スキンケア用品、メイク用品

 

 

薬用化粧品とは?

 

薬用という定義は特に無いようですが、医薬部外品に該当するものとして薬用化粧品や、薬用石鹸等といった商品があります。

つまり、薬用化粧品や薬用石鹸は化粧品ではなく医薬部外品と言う事になります。

薬用~といった商品は医薬品程の効果はありませんが、何かしらの効果が期待出来るといった感じになる商品と言えるでしょう。

 

 

薬用製品にはこんな物があります

薬用石けん、薬用シャンプー、薬用ハミガキ

 

 

育毛剤についての知識に戻る

 

 

 

i7

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Pocket