髪のヘアサイクルについて

ヘアサイクルについて知ろう

 

通常、人の髪の毛は毛穴の奥の毛根で作られた後にどんどん成長して長くなっていきます。

 

髪の毛が成長する期間成長期と呼び、その長さは男性で約2~5年、女性が約4~6年と言われています。

 

成長期が終わると髪の毛は成長が止まります。この期間は約3週間続き、退行期と呼ばれます。

 

退行期が終わると休止期となり、髪の毛は自然に抜け落ちます。休止期の長さは約3ヶ月間で、髪の毛が抜け落ちた後の毛根から、再び新しい髪の毛が作られます。

 

新しく生まれた髪の毛は成長期に入りどんどん成長していきます。

 

このように一本の髪の毛はある一定の周期で毛穴の奥の細胞で作られ、成長し、抜け落ちるという事を数年かけて繰り返していますが、これをヘアサイクルと呼びます。

 

 

髪の毛は一本ごとにそれぞれヘアサイクルが異なるため、休止期になって髪の寿命が来た場合でも頭部の髪の毛が全ていっぺんに抜け落ちるような事はなく、正常なヘアサイクルでは頭部にある全ての髪の毛の約9割は成長期の状態にあるため、髪の毛の総数は一定の状態に保たれています。

 

このような、髪の毛の成長とサイクルについて理解しておく事は、美しい髪を育てるために重要です。

 

なぜなら、薄毛や抜け毛等の症状は、ヘアサイクルの乱れによって起こる事も多いからです。

 

 

ヘアサイクルの乱れは薄毛の原因に

 

健康な髪の毛ならば、その寿命を終えるまでの数年間は抜け落ちたりせずに成長していきますが、まだ新しい髪の毛が成長の途中で抜け落ちてしまったりするのは、ヘアサイクルに何らかの異常が起きているという事になります。

 

ヘアサイクルの乱れる理由は複雑で、自分ではなかなか原因を特定するのが難しいもの。

また、薄毛や抜け毛になるのはヘアサイクルの乱れだけで無く、他にも様々な原因があります。

 

薄毛、抜け毛の予防と対策

 

 

髪の毛は女の方が早く伸びる

 

SKB 0041

 

髪の毛の伸びる速さは一ヶ月で約1~1.5cmですが、季節や年齢、栄養摂取の状態等、様々な原因によって個人差があります。

歳をとると髪の毛の成長は段々と遅くなってきます。また、平均的に男性よりも女性の方が髪の毛が伸びるのが早いと言われます。

 

確かに私も今と比べて10代の頃は髪が伸るのが早くて、しかもそういう人はエロいなどという屈辱的な色眼鏡で見られたものでしたが、ハッキリ言ってその根拠はなさそうです。

 

 

髪はどこまで伸ばせるの?

 

髪の毛が伸びる速さは1年間で約18cmとした場合、6年間で約108cmの長さになることになります。

一本の髪の毛の成長期、つまり寿命は男性で約2~5年、女性が約4~6年なので、髪の長さは1mを越えたあたりからそれ以上はあまり伸びないように思えてきますが、実際には成長期が5、6年よりも長い髪の毛があることもあり、何メートルも伸ばした髪の毛を持つ人がいます。

 

ちなみに数年前まで、私の髪はお尻くらいまである長さでしたが、それ以上には殆ど伸びませんでした。一度は床に届くくらいまで伸ばしてみたかったのですが・・・。

でも、世界にはそれ位長く髪を伸ばした人もいますから、個人差によるところが大きいのでしょうね。

 

 

i7

 

 

Pocket