ヘナを使って白髪をカラーリング

一時期、ブームになりましたね

 

流行っている時というのは皆がこぞってそれに取り組むものですが、流行が過ぎ去った後というのはもう見る影もないもの。

世の中では常に新しい商品が現れては消え、奇抜な美容・健康法が次々と紹介され流行っては廃り、を繰り返しています。

そうした一過性のヒット商品やブームといったものは数多くありますが、やはり本当に良いものはその後でも特定の支持者達の間にしっかりと残るもの。本当に良いものはやはり一時だけではなく永く愛され続けるのです。

 

ヘナはそうしたブームとしてとり上げられる以前から、そしてそのブームが終わった後も根強い支持者達からしっかりと愛用され続けています。

それには、やはりそれなりの理由があるから。

 

 

キッカケはヘナタトゥー

 

ヘナはヘンナとも呼ばれますが、インドや東南アジア、北アフリカにかけて自生する樹木で、ヘナの葉を乾燥させて粉末状にしたものは古くから染料として利用されてきました。

ヘナは髪の毛や爪を染めたり、身体(お肌)に模様を直接書いたりするヘナタトゥーとして使用されています。

 

A 0025

 

針で色を入れるタトゥーと違って肌に色がしばらくは残るものの、数日~数週間経てば徐々に落ちていきます。

 

私が初めてヘナを知ったのは、海外旅行でインドに行った時。手の甲や腕に茶色い塗料で複雑な模様を直接描いている光景を見て、興味が沸きました。

それが髪の毛に安全なカラーリングとしても利用出来るという事を知ったのは、ずっと後になってから。

それまでヘナは、時間が経てば消える只のボディペイントだと思っていたのです。

 

 

ヘナで髪の毛を上手に染めるには

 

ヘナは髪の毛や爪等によく着色してくれるという特徴があり、この事からも単なるボディペイントとしてだけではなく、優れたヘアカラーリングとして用いられるのが分かります。

 

天然の樹木から取れるヘナの染料は、植物の色素なのでケミカルな原料を使用したヘアカラーやブリーチと比べて髪の毛や頭皮に対するダメージが無く、安心してヘアカラーリングに使用する事が出来、肌の炎症を抑え、殺菌防臭効果を持ち、髪を健康に保つ薬草としても利用されます。

 

カラーリングも出来、髪の毛にも安全・健康的とあれば利用する価値は大きいですね。

ただ、ヘナには少しばかり特徴がありますから、その辺理解した上で利用しないとあまり効果的なカラーリングは期待出来ないかも。

 

ヘナというのは塗った時には茶色でも、乾くとオレンジっぽい色で肌や髪に定着します。

ヘナはもともとオレンジ色に染まるものなので、ヘナだけで髪の毛を染めた場合は明るいオレンジ色になりますが、他の天然色素と混ぜて使用する事で色のバリエーションを作り出す事が可能です。

 

また、ヘナでヘアカラーリングする場合、白髪を染める事は出来ますが黒髪を明るい色にしたりする事は出来ません。

 

ヘアカラーリングの種類と特徴

 

 

ヘナを使ってトリートメント 美髪になれるヘナ

 

ヘナには色をつけるだけでなく、優れたトリートメント効果がある為、白髪を染めるに加えて美しくしてくれる効果も期待出来ます。使い続けていくうちに髪の毛のキューティクルが整い、ツヤとコシのある美しい髪の毛になります。

また、ヘナは頭皮にも良い影響を与え、抜け毛を予防し健康な髪の毛を作り出す地肌へと変えてくれる健康効果も期待出来ますから、こんな人には特におススメしたいもの。

ケミカルなカラーリングで髪を傷めたくない方、地肌が弱く市販のカラーリング剤にかぶれたりする方、すでに髪の毛が傷んでいるけど染めたい方、安全にカラーリングしたいという方・・・。

 

また、現在白髪が無いけれどキレイな髪になりたいという方にもヘナはモチロンよいでしょう。

 

 

100%天然のヘナ製品を

 

ヘナを購入する際には、100%天然のヘナを使用した製品を選んで使用するのが安心です。ヘナにケミカル成分の加えられた物も多く出ており、そうした物はヘナの安全性や美髪効果を十分に感じる事が出来ません。

ヘナに限らず、特に身体に使用するものは信頼できるメーカーの製品を購入するようにすると良いです。

 

 

 

i7

 

 

 

Pocket