ヘナとアムラとシカカイと

ヘアサロンでシャンプーを勧められる時

 

ヘアサロンに行って髪を切って貰うと、よく美容師サンがお店で販売しているシャンプーとかヘアトリートメント剤なんかを勧めてきますね。

 

私は毎日シャンプーは使わずに頭は石鹸で洗ってますとか、いつもトリートメントは全然使いません、とか言って説明するのですが、大抵の場合「エッ?」という反応をされてしまうものです。

なんて無頓着なヤツ、貧乏性などと思われるのかもしれませんが、「肌がとても弱くて敏感なので、化学物質配合のモノは避けているんです。」と説明すると相手も納得。

これはサロンでセールスをやんわり断る為の口上ではありますが、半分は本当で、私はかなり肌が弱い為に昔からこうした製品選びには気を使わざるをえないのです。

 

 

スグに洗い流すから平気じゃないの?

 

実際、シャンプーや石鹸て、化粧水なんかと違ってずっと身体につけたままにしておくような事はせず、スグに洗い流してしまうもの。

肌に触れるのも僅かな時間だから、そんなにこだわってもしょうがないと私は考えていた方でした。

 

が、実際に良いものを使い続けていると肌の調子が良好に保たれていくのが実感できますから、自分にピッタリ合うものが上手く見つけられれば美肌・美髪への道は早まることでしょう。

 

 

アムラとシカカイ

 

アムラシカカイ

これらは2つとも肌や髪の毛の洗浄に用いる事が出来る天然の植物で、古くから利用されてきたもの。

特徴は天然植物故の安全性と、肌に適度な潤いを保持してくれる穏やかな洗浄力でしょう。

 

アムラもシカカイもどちらも乾燥した粉末の状態なので、水に溶かしてから髪や肌になじませて汚れを落としていきます。

乾燥した粉末の状態は保存性に優れているので、余計な防腐剤等を使用する必要もありません。

 

こうした粉末の植物シャンプーを日常的に使うようになって以来、たまに温泉やホテル等で液体のシャンプーやボディソープを使用する機会があるとやたらヌルヌルしていて、何だかこれで頭や身体を洗うのに抵抗を感じてしまう時があります。

そういえば家の子供がお風呂で頭を洗うのを嫌がりますが、理由を聞くとシャンプーが気持ち悪いからだと言っていましたが、その気持ちが分かったような気がします(笑)

 

 

アムラでトリートメントも

 

アムラは髪や身体を洗浄するだけでなく優れたトリートメント効果も持っている為、私は現在ヘアケアはコレだけで済ませています。

アムラにはポリフェノールビタミンCが豊富に含まれているので頭皮の状態を改善し、美しい髪を育てるハーブとして大いに利用しています。

 

実際、アムラを使うとリンスやトリートメント剤を使用しなくても髪の毛がゴワゴワしたりきしんだりしないから驚き。

脂分等が全く含まれていないのに、アムラで髪を洗うだけでしっとりするものです。

コレはいい、と思ってずっと使っていますが、悩まされていた頭皮の吹き出物やニキビも大分減ってきました。アムラに含まれるポリフェノール等の豊富な栄養分のおかげでしょうか。

 

 

これでホントに汚れが落ちてるの?

 

どうも子供の頃からの習慣のせいなのか先入観の為か、洗剤にしても泡が立たないと汚れは落ちないと私などは思い込んで育ってきたようで、アムラやシカカイを使ってみると石鹸のようには全然泡立たないし、最初はホントにコレで身体がキレイになっているのだろうか?と思った程でした。

しかし、例えばクレイのようなマテリアルでも泡なんて全く立ちませんが、毛穴の汚れはスッキリ落とす効果がある事から、泡と洗浄効果はそれ程関係がないかもしれません。

 

逆に不自然に泡立つような場合、それは何らかの合成的な成分による為だとも考えられます。

 

クレイを使ったヘアケア

 

 

ヘナとの併用に最適なアムラとシカカイ

 

ヘナって安全なカラーリングが出来るスグレモノですが、ケミカルカラー剤と比べてどうしても髪への着色力というのは弱くなりますね。

ですから、毎日一生懸命頭を洗っているとどうしても色落ちしてくるんですよ。

まあこれは仕方の無い事なのですが、少しでも色落ちの進行を遅らせる為には洗浄力のマイルドなもので頭を洗う。コレに尽きます。

 

そして、そんな用途にピッタリなのがアムラとシカカイなのです。

アムラやシカカイで洗ってみると分かりますが、ヘナの色持ちが普通のシャンプーで洗った時に比べて良いです。

 

ですから、ヘナとアムラとシカカイはセットで利用している人が多いんです。

 

 

 

i7

 

 

Pocket