リンパの流れを良くするケア

リンパが詰まると肌荒れになるかも

 

リンパは体中を流れている液体で、身体の免疫の為や、体内で発生する毒素や老廃物を運搬したりする役目を持ちます。

 

頭部のリンパの流れが良くないと、頭皮の老廃物の排出が上手く行かずに毛穴に溜まっていきます。

毛穴に溜まった汚れは新しく生えてくる髪の毛の生育を阻害して、くせ毛の原因にすらなるかもしれません。

 

毛穴の詰まりはくせ毛を生む

 

 

また、肩や首のコリ、顔のむくみ、ニキビや吹き出物、肌荒れと言ったトラブルを引き起こすため、リンパの詰まりは健康だけでなく美容にとっても重要な問題です。

 

 

リンパの流れを良くする

 

リンパの液(リンパ液)は筋肉の収縮によって全身へと送られます。

そのため筋肉が緊張や冷え、ストレス、運動不足等で硬くなっているとリンパが上手く流れなくなります。

 

筋肉を伸ばすため、ストレッチを行いましょう。血行も良くなるため、細胞に栄養や酸素が行き渡るようになります。

 また、筋肉を動かす事でリンパの流れも良くなるため、運動するのも効果的ですね

 

 

私はよく、スマホのやり過ぎなんかで肩や首が酷く凝ったような時、頭皮に大きなニキビが出来たりしますが、きっとこれは血流の問題だけではなくリンパの詰まりが大きな原因の一つとなっているのでしょう。

 

ともかく、運動不足やおかしな姿勢が頭髪に与える悪影響は無視できないと私は考えます。

こういう時、姿勢もよくなり身体も柔らかくなるヨガなんてとてもおススメだと思いますよ。リンパや血液の流れが改善し、筋肉も柔らかくなって頭皮の吹き出物に悩まされる事も随分減りました。

 

 

リンパマッサージでリンパの流れを良くする

 

ZA 0068

 

リンパの流れを良くするためにマッサージを行いましょう。

 

マッサージと言っても筋肉を揉んだり掴んだりするように行ってはいけません。優しく押したりさすったりしてリンパが上手く流れるようにしてあげるイメージを持って行います。

 

リンパマッサージを行う場合、入浴中やお風呂上がりの身体がよく暖まった状態で行います。

マッサージ用のオイルを身体に塗って滑りを良くしてからマッサージを行ってもいいですね。

 

 

私達の身体中にはリンパ液が流れる管(リンパ管)が無数に存在します。

リンパ管が多く集まるリンパ液の中継場所はリンパ節と呼ばれる重要な部分で、身体中に800程度あると言われ、主に首、腹部、鎖骨の辺りに集まっています。

リンパマッサージではむくみやコリが気になる部分やリンパ節を中心にマッサージを行います。

 

リンパの流れが良くなってくると、肩こりや頭痛等も軽くなってゆきます。体や足のむくみにも効果大です。

 

 

頭部のマッサージも忘れずに

 

頭皮を含めた頭部のリンパは首を流れて 最後に鎖骨リンパ節に運ばれてから心臓へと送られます。

つまり頭部のリンパの詰まりだけでなく、その通り道の首や肩、鎖骨のリンパの流れも良くしてあげる必要があります。

 

まずは、指先で頭皮を洗うようにしてマッサージします。そして頭部に溜まった老廃物を下へ流すように手を動かしていきます。

 

次に首や肩、鎖骨部分のリンパの流れを良くするマッサージを行います。手のひらでさすったり、ゆっくりと押してあげて溜まったリンパを首から肩、鎖骨へ流していきます。

 

 こうすることで首や肩のコリが解消されて、頭部に溜まった老廃物が流れやすくなり、美しい髪の毛が生えてくる環境が作られることになります。

 

 

リンパや血行を良くするおススメのアイテム

 

 

 

i7

 

 

Pocket