白髪染めの使用と注意

ああ、白髪を染めなくちゃ

 

現在の技術では、一度白髪となってしまった髪の毛を元の黒髪に戻す事は出来ない為、目立たなくするようにカラーリング剤や白髪染めを使用して上手く白髪を隠すしかありません。

 

白髪染めは便利なアイテムですが、ケミカル成分を使用しているので少なからず髪や頭皮に刺激となります。白髪染めには低刺激のものもありますのでなるべくそうした製品を選んで使用するようにすると良いでしょう。

頭皮に異常がある時には使用を避けるべきなのはもちろんですが、そもそもお肌の敏感な方やアレルギー等がある方は頻繁に使用する事が難しいです。

肌質によっては荒れる等のトラブルになる場合もあるでしょう。

 

ヘアカラーリングの種類と特徴

 

 

白髪染めは低刺激のものを

 

白髪染めに限った事ではありませんが、長く使用していく物はなるべく身体に優しい製品を選ぶようにしたいものです。

頭皮や髪の毛にとって強い刺激となるケミカル成分の配合された白髪染めで白髪を染め続けていくうちに髪の毛や頭皮が傷んでくると、後から生えてくる髪の毛も影響を受ける事になります。

薄毛抜け毛、白髪のさらなる増加といった原因を作る事にもなりかねません。

 

 

傷んだ髪は染まりにくい

 

どうせ白髪が治る事はないんだから染めればいいし、傷んだ髪の毛だってトリートメントすれば見栄えは良くなるし、頭皮や髪の毛の状態や健康なんてそんなに気にしなくてもいいのでは?と私も以前は思っていたものです。

 

しかし後になって、それは大きな間違いであると気付かされました。

やはり地毛があまりにボロボロすぎると、カラーリング剤の染まりも色持ちも極端に悪くなるし、髪の毛の手入れにも手間や時間がかかってしまうものなんです。

変なクセや広がり、うねりがなかなかとれないので、毎朝髪をセットするのが大変でした。

 

健康的なサラサラの髪は手入れもラクでクセにもなりにくく、色々な整髪料だとか高価なドライヤーで必死にやらなくてもサッとまとまります。

そもそも、髪が傷んでおらずに素直な状態をキープ出来ているならば、そう頻繁にトリートメントや縮毛強制する必要もなくなります。

 

これが傷んだ髪と健康で美しい髪との大きな違いでしょう。

 

 

カラーレストアクリーム MANO

 

[MANO]カラーレストアクリームは、徐々に白髪を目立たなくしながら、自然な黒色へと導くヘアカラークリームで、スタイリング用クリームのように使用することができます。

毎日の洗髪後に必要に応じて気になる箇所へ使用するだけで、つけた後は洗い落とす必要がありません。髪への負担が比較的少なく、希望の色になるまで何度でも使用でき、2~3週間使用することで白髪を自然な黒髪へと導きます。また、新しく生えてくる髪も黒髪となるようサポートし、同時にフケ予防も期待できます。

[MANO]カラーレストアクリームは、毎日のスタイリングと同時にヘアカラーができるため、通常の面倒なヘアカラーの手間が省けます。忙しくて定期的にヘアカラーをする時間のない方や、ヘアカラーですぐに色落ちしてしまい面倒に感じている方、部分的に白髪がある方などに推奨する商品です。

 

 

ヘナで白髪を染める

 

安全に白髪を染めたい場合、ヘナでカラーリングするのがおススメです。

ヘナは黒髪に効果は薄い反面、白髪は良く染まります。また、天然100%の物は髪や頭皮にとって優しいばかりでなく、優れたトリートメント効果で髪の毛を美しくしてくれます。

 

ヘナを使ってカラーリング

 

 

【植物生まれの染毛料】染毛 ヘアトリートメント mokumokuto(もくもくと) 黒茶

【植物生まれの染毛料】染毛 ヘア
トリートメント mokumo…

¥3,450(税込)

・化学染料一切非使用(ノンジアミン)・脱色剤非使用、タール系色素非使用・頭皮と髪の毛に必要なハーブ配合・化粧品登録届出済・頭皮まで染めても問題ありません。・2度染め必要ありません。・染料後のツヤツヤ感や頭皮のケアをご体験下さい。}…

拡大画像を見る

 

白髪の悩みと対策へ戻る

 

 

 

i7

 

 

 

Pocket