ノンシリコンシャンプーを使う

ノンシリコンシャンプー

 

ノンシリコンシャンプーシリコンが入っていないシャンプーです。

 

シリコン入りシャンプーよりもシリコンが入っていないシャンプーを使用した方が髪の毛にも良いという事で、ノンシリコンシャンプーを使う方も多くいらっしゃいます。

 

 

シリコンシャンプー

 

シリコンシャンプーシリコンが入っているシャンプーです。

 

シリコンは数多くある髪の毛のコーティング成分の一つです。シリコンの作用は髪の毛の表面をコーティングしてツヤを出し、指通りを滑らかにしてくれる効果があります。

 

シリコンは石油系の洗浄成分を使用した洗浄力の強いシャンプーに入っている事が多く、メチコンやジメチコン、シロキ、シクロメチコン、、シリカ、メチコンといったような成分表記がある物がシリコン入りシャンプーです。

 

 

シリコンシャンプーの効果

 

ZA 0035

 

シリコン自体の安全性はとても高く、体内に入れることも可能なほどです。

 

シリコンシャンプーに含まれるシリコンが髪の毛や頭皮に悪い影響を与える事はあまり考えられず、それよりも、汚れを落とすために行うシャンプーにナゼ髪の毛をコーティングする作用のあるシリコンが必要かという疑問がでますが、それはシャンプーの洗浄力が強すぎて髪の毛を洗った後にきしみやパサつきが起こるのを防ぐためです。

 

石油系の強い洗浄力のシャンプーにシリコンを入れる事で洗い上がりのきしみやゴワツキを抑えてくれる効果があります。

 

 

 しかし、ダメージを受けた髪の毛を美しく見せるためにコーティングをする必要があるといった場合等には、髪の毛のコーティングはトリートメントの後に行う方が良いでしょう。

 汚れを落とすシャンプーと、髪の毛を滑らかに保護するコーティングは別々に行った方が、トリートメントの使用も効果的に行う事ができます。

 

トリートメントで痛んだ髪を補修

 

 

洗浄力が強すぎず、頭皮や髪の毛にマイルドで優しいアミノ酸系等のシャンプーの場合、髪の毛のきしみやパサつきをコーティングして抑える必要がないため、シリコンも含まれていない場合がほとんどです。

 

髪と頭皮に優しいシャンプー

 

 

トリートメントを選ぶときにもシリコン入りか確認を

 

ノンシリコンシャンプーを使用して髪を洗っても、トリートメントにシリコンが含まれている物を使用した場合、結局シリコンで髪の毛をコーティングしてしまう事になります。

髪の毛をコーティングをしたくない場合には、シリコンが含まれていないトリートメントを選ぶようにしましょう。

 

 

 

ノンシリコンシャンプーを選ぶ際、他に添加物科学物質等が含まれていないかどうかも確認してみましょう。

 

髪や頭皮に優しいシャンプーは、身体や顔にも使用することが出来る程です。

 

健康な髪の毛や頭皮を保つために、身体にとって余計な成分はなるべくなら避けるようにしたいものです。

 

おススメのシャンプー 1

 

 

 

 

i7

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Pocket