薄毛にならずにオシャレを楽しむ

髪や頭皮の負担は少なめに

 

ヘアスタイルやオシャレは自由に楽しみたいものですが、一方で頭皮や髪の毛に対する影響も考えながら行う事も大切です。

 

カラコン全品送料無料、最新カラコン通販ならBLコンタクト

 

とりあえず、頭皮に過度な負担のかかるような髪型はなるべくならば避けたいところ。

エクステの使用やロングヘアーを長期に渡って続ける事は、さらに頭皮の負担を増してしまう事になります。

 

髪をきつく縛ってまとめたり、スタイリングの際に力がかかるような髪型も髪や頭皮を少なからず傷めます。

ヘアバンドやヘアゴムの力で髪の毛に跡が残る事もあるので、同じヘアスタイル長く続けないように気をつけましょう。

 

特に長い髪の毛を引っ張り上げるような髪形は、長く続けているとその部分が薄毛になることもあります。

 

髪の毛って一本一本は確かに軽いんですが、長く伸びて量が多くなると相当な重さになるのですよ。

ですからあまりに長く伸ばした髪は、その重みで頭皮が下に引っ張られる為に頭皮の毛穴にかなりの負担をかけてしまいます。

 

昔TVに床に届くほど髪の長い女の人が出ていましたが、髪の重みで腰を痛めてしまうとの事でした。

オシャレは実用の対極にあり、不便をいとわずに敢えて無理する事なんて言われますが、健康に悪影響が出てしまうとなるとちょっと考えた方が良さそうです。

 

 

髪に負担の少ないカラー剤を選ぶ

 

 ZA 0069

 

染料等にケミカル成分を使用している合成カラーリング剤は、髪や頭皮を傷めてしまうのであまり頻繁に繰り返さず、たまには控えてみましょう。

 

パーマやヘアカラーは髪を傷める?

 

 

カラーリングにもいくつかの種類があり、比較的髪や頭皮への負担やダメージが少ない物もあります。

髪の毛や頭皮の状態によって、カラーリング剤を上手に使い分けましょう。

 

ヘアカラーリングの種類と特徴

 

 

髪を傷めないように白髪を染めるためには、ヘナインディゴ等の天然の着色料を使用するのもおススメです。

 

ヘナを使って美髪になる

 

 

ウイッグの使用でオシャレにキメる

 

髪や頭皮に負担のかからないオシャレには、ウィッグを使用してみるのもおススメです。

 

色々なタイプのウィッグが作られており、髪のボリュームの少ない場所や生え際、分け目等の目的に応じて選ぶ事が出来ます。

薄毛等で気になる部分がある場合には、部分用のウィッグもありますね。

 

ウィッグをお好きな形にカットしたりして使いやすいようにして使ってみましょう。

 

 

ウイッグのお手入れは欠かさずに

 

ウィッグの使用後には、お手入れをしっかりと行って常に清潔にしておく事が大切です。

 

使用後のウィッグは頭皮の汗や皮脂、外からの埃によってウィッグは汚れています。

放置すると雑菌の繁殖により、臭いや変色、カビ等の原因になる事があるからです。

 

ウィッグの使用とお手入れ

 

 

 

i7

 

 

 

Pocket