髪の毛を生やすミノキシジル

 

薄毛に発毛剤を使用する

 

現在薄毛や抜け毛に悩んでいるならば、発毛剤の使用を検討してみるのも良いかもしれません。発毛剤は育毛剤等に比べて発毛効果がしっかりと現れる事があります。反面、副作用も強く馴れていない人や初めて使用するような場合は注意が必要となるでしょう。

 

育毛剤と発毛剤の違い

 

育毛剤は主に血行を促進したり、潤いを与えるような成分が配合されており、頭皮の状態を整えて健康な髪の毛の成長を助け、抜け毛を減らすといった目的で使用されます。

今ある髪の毛を保ちながら抜け毛を防ぐという、こうした薄毛の予防ケア的な意味合いがある育毛剤に対して発毛剤は、頭皮の毛母細胞等に直接作用して新しい髪の毛を生やすようにする効果があり、殆どが医薬品として扱われています。

※メーカーや販売サイトによっては発毛効果のある医薬品でも育毛剤として表記していることもあります。

 

育毛剤を使用しても新しい髪が生えてくるような可能性は皆無なので、こちらは将来の抜け毛や薄毛を予防する為の予防ケアとして上手に利用するべきでしょう。

すでに薄毛で悩んでいる場合、発毛剤を使用して新しい髪の毛を増やすようにします。

 

育毛剤についての知識

 

 

発毛成分ミノキシジルとは

 

ミノキシジルは発毛効果があると認められている有名な育毛成分で、これが配合された錠剤やローションは数多く販売されています。

もともと血圧を下げるための薬として開発されたミノキシジルは、血管を拡げることで血流の増加を促し、多毛を生じさせ、使用を継続していると元から生えている髪の毛を太くする効果もあるようです。

高い発毛効果が認められる反面、副作用も存在するので取り扱いには気をつける必要があります。

 

 

発毛剤の副作用と注意

 

ミノキシジルを含む発毛剤は頭皮に直接塗って使用する外用と、飲んで使用する錠剤タイプの内用があります。どちらかというと飲むタイプの方が身体に良く吸収されるので効果も顕著ですが、塗るタイプのものと併用すれば更に良いでしょう。しかし、飲んだ場合の副作用は、患部に塗った場合に比べて全身的に現れる傾向があります。

ミノキシジルの副作用は、塗った部分の肌が痒くなる、服用した場合体毛が濃くなる、動機、めまい、身体がだるくなる等の症状が見られる事です。

顔にうっすらとヒゲが生えたり、体毛や眉毛、まつげが濃くなるような人もいるので、場合によっては脱毛ケアが必要になるでしょう。

 

全身は脱毛ケアでツルツルに

 

 

身体の不調については血圧が下がる為に起こってしまうもので、あまり症状が酷い時は使用を中止すべきでしょう。ミノキシジルの錠剤は発毛用として売っているわけではなく、血圧を下げる為の薬として販売されていて、それを購入した人が発毛目的で使用している・・・というのが現状です。

 

ミノキシジルに限った事では無いですが、発毛剤の成分は人によって合う合わないがあるので製品によっては刺激を感じたり副作用がひどく起こる事もあります。

相性の悪いものを無理に使用し続けることは決してプラスにはならず、体調や頭皮の状態悪化を招く事にもなってしまいます。

また、発毛剤は飲むタイプ、塗るタイプ共に男性専用男女兼用のものがありますので選ぶ際には間違えないようにしましょう。発売されている数や種類は今のところ男性用のものが圧倒的に多く、女性用は少ないようです。

発毛剤の効果は個人差があり、人によっては全然駄目という場合もあるようですが、まずは使ってみないことには分かりません。また、生えるといっても産毛程度なのかしっかりと生えてくるのか、そして最後に本人がどこで満足するかにもよると思います。

 

 

ミノキシジルの使用は副作用が怖いという方は、こちらの育毛サプリメントがおすすめです。※副作用が無い訳ではありません。

 

育毛サプリメントで薄毛対策を

 

 

ヘアサプリメントも忘れずに

 

発毛剤は髪の毛を作る細胞に働きかけて発毛を促す働きがありますが、肝心の髪の毛の材料となる栄養やタンパク質が体内に不足していると、思ったような効果は得られません。

発毛剤の使用と同時に、髪の毛の生成に必要な栄養素を効率良く摂取する為にヘアサプリメント等を上手く利用する事が大切です。

 

薄毛対策にはヘアサプリメント

 

 

ヘアクリニックで診察してもらうのがベスト

 

ネット等を利用して、個人でミノキシジル等の配合された発毛剤を購入・使用するのは多少のリスクが伴います。たしかにコストは安く抑えることは出来ますが、使用中に身体に何かトラブルがあったときのケアやサポートもありませんので、全て自己責任となります。

例えばミノキシジルは血圧を下げる効果がある為、血圧や心臓に問題がある人が使用する事は危険です。また、配合される濃度が高くなると副作用も重くなっていきます。体質によってアレルギー等が出る人もいます。

発毛剤はヘアクリニック等で診察を受けて処方して貰うのが一番安心・安全である事は間違いないでしょう。

 

ヘアクリニックとは

 

 

おススメの育毛剤

 

ミノキシジルタブレット[Lloyd社製]

2.5mg 5mg  10mg

 

LLOYD LABORATORIES社のミノキシジルタブレットは、ミノキシジルを有効成分とする経口用の医薬品です。

ミノキシジルは、血管を拡張して血流を増加させ、毛髪再生に必要な栄養素を届けることで毛乳頭を活性化し、毛髪の成長を促します。

ミノキシジルタブレットは、脱毛でお悩みの方、薄毛の気になる方、育毛ケアをお考えの方にふさわしい経口タイプの発毛剤です。こちらのミノキシジルタブレットには、ミノキシジルが2.5mg配合されているタイプ、ミノキシジルが5mg配合されているタイプ、ミノキシジルが10mg配合されているタイプの3種類があります。

初めての場合、2.5mgから使用を始めるのが良いでしょう。慣れてきたら、高濃度の物へと移行していきます。

 

 

女性用ロゲイン(Rogaine)2%

女性用ロゲインは、有効成分のミノキシジルを含有した壮年性脱毛症における発毛、育毛及び脱毛(抜け毛)の進行予防に有効な女性用の外用の育毛剤です。

女性用ロゲインに含有されているミノキシジルは、毛細血管を拡張させて、頭皮の血行を良くします。毛包に直接作用することで、発毛および毛髪の成長を促進します。

 

 

ヘアーオメガ育毛セット

ヘアーオメガ(HairOmega)育毛セットは、ヘアーオメガ 3-in-1、ヘアーオメガDHT、ヘアーオメガフォームという、飲む育毛サプリメント2点と塗布用育毛剤の3点セット商品で男女兼用です。

 

  • ヘアーオメガ 3-in-1 120錠 ×1本 
  • DHT90錠×1本
  • フォーム 118ml×1本

ヘアーオメガ 3-in-1は、脱毛の3つの原因である、ホルモンバランスの崩れや、血液循環の衰え、栄養不足を考慮した育毛サプリメントです。配合の天然ハーブ由来成分により、毛髪の生成を妨げるDHT(ジヒドロテストステロン)のレベルを適正化し、血液循環を改善して毛髪を生産する毛包へと栄養素を補給する働きが期待できます。

ヘアーオメガDHTは、DHTをブロックする働きが強力とされる飲むタイプの育毛サプリメントです。配合成分はヘアーオメガ 3-in-1と同じものもありますが、併用することにより育毛ケアを高めます。天然成分の働きにより、健康的な髪の生産へ導き、育毛を目指すことができます。

ヘアーオメガフォームは、塗布用フォームタイプの育毛剤です。毛髪の再生を促すことが実証されているミノキシジル、DHTの作用を抑えるノコギリヤシ、ホルモンバランスを整えるミリセチン、血液循環を促進するプロアントシアニジン(ブドウ種子エキス)などを配合しています。

 

 

 

 

i7

 

 

 

 

 

 

Pocket