美しい髪になるための頭皮の洗い方

頭皮の洗い方を見直してみましょう

 

頭皮を洗う時には、シャンプー選び洗い方を少し意識してみましょう。

洗い方が良くないと頭皮の状態が悪くなり、発毛や髪の毛の成長に悪影響を与えます。

 

頭皮は皮脂腺が多く集中している部分ですので、当然毛穴からの脂でかなり汚れることになります。

その為毎日シャンプーしているつもりでも、頭皮がしっかり洗えていないと毛穴の汚れが徐々に溜まっていくのです。

また、せっかく髪や頭皮に良いとされる高いシャンプーを使用しても、洗い方が悪いと十分にその効果が発揮できません。

 

髪の毛の洗い方

 

 

しっかり頭皮を洗うため、まずはシャンプー選びから

 

頭皮の汚れを落とす為にシャンプーを利用する人が殆どだと思いますが、このシャンプー選びに少しこだわってみましょう。

 

厳しい審査によって安全性をクリアしているとは言え、世の中に売られているもの全てが自分にとっての優良な製品だとは限りません。

特に頭皮を洗う為には、それに適したシャンプーを選ぶ必要があるのです。

頭皮を洗うのに適さないシャンプーなんかあるの?と思うかもしれませんが、要は汚れを落とす目的で使用するわけですから、それ以外の効果は必要ないと言えます。

 

ダメージ補修、トリートメント、潤い成分等々、私的にはこうしたものは頭皮を洗った後の髪に使用するならともかく、洗う時には不要。むしろ入っていない方がよいくらいだと考えてます。

つまり、本来汚れを落とすのが目的のシャンプーには、洗浄成分だけのシンプルなモノがおススメ。

洗った後、髪がきしむようであればその時にトリートメントやコンディショナーを使って潤いを与えてあげましょう。

 

ここでちょっとスキンケアの場合を考えてみます。

まずは洗顔で汚れをキレイに落とし、その後にローションやトナーで保湿。肌に水分や脂分を補っていくというのが順番だと思いますが、頭皮や髪に対しても同じようにするという事です。

髪や頭皮を洗う時に同時に保湿もしようとしたりしないで、まずは汚れをしっかり落とす事を優先しましょう。

 

 

どんなシャンプーを使えばいいの?

 

頭皮を洗うために作られているスカルプシャンプーは、育毛に対しても良い効果をもたらせてくれます。

 

スカルプシャンプーを使用する

 

 

そして頭皮や髪の毛を洗うのに適したものは、何もシャンプーだけとは限りません。毛穴の洗浄効果がある天然植物のアムラシカカイ等には頭皮の刺激となるような化学成分が含まれていないので安心して利用出来ます。

 

ヘナとアムラとシカカイと

 

 

頭皮と髪の毛では洗い方が異なります

 

頭皮を洗うのに適したシャンプーが見つかったら、今度は洗い方です。

 

頭を洗う時には、横着して髪の毛と頭皮を同時に洗おうとするよりも別々にそれぞれ洗う、という感じで行うと良いと思います。

シャンプーをザッとつけて適当にガシガシやっても頭皮がちゃんと洗えているかどうかは疑わしいもの。何事も意識して行うようにすると上手くいきます。

 

 

まずは、シャンプーを使用する前に一度ぬるま湯だけで頭部をよく洗います。

 

髪の毛だけでなく頭皮もしっかりと水に濡らして洗っておきましょう。これを行うと頭部の汚れをかなり落とす事ができるので、次に使用するシャンプーの量を少なくする事ができ、髪や頭皮への負担がより軽くなります。

 

その後にシャンプーを使用して洗っていきますが、髪の毛先だけでなく、頭皮や根元の方にもシャンプーを塗り込むようにします。

洗い方ですが、美容師がやるようなプロのテクニック(洗い方)は一朝一夕に真似出来るものではないです。

よく、頭皮は指先の腹の部分で頭皮を隅々までやさしくマッサージするように洗うべし、といわれますがあんな感じでやればそれで十分ではないでしょうか。

 

注意としては、無理な洗い方はしないという事。

 

頭皮はしっかりと洗う必要がありますが、力を入れて擦ったり、ゴシゴシやるのは良くありません。そういった洗い方では髪の毛や頭皮の負担になるだけではなく、皮脂や毛穴の汚れもしっかりと落ちてはくれません。

 

 ZA 0026

 

 

すすぎはとっても重要なのです

 

髪、頭皮全体を洗ったらしっかりとすすぎます。これをちゃんとと行わないと、シャンプーと髪の毛や頭皮の汚れが残ってしまうことになり良くありません。

たまに、急いで朝シャンしてすすぎが十分でなかったのか、やたらシャンプー臭が残ったままのような人がいたりしますが要注意です。

 

洗髪後は雑菌の繁殖を防ぐ為、ドライヤーを使用してしっかりと髪の毛や頭皮を乾かしておきます。

 

 

 i7

 

 

Pocket