ウォーターサーバーを利用する

ウォーターサーバーを利用する

 

ご家庭にウォーターサーバーを設置する事が出来れば、塩素フリーのお水をより気軽に使用できるようになります。

 

ウォーターサーバーの利点は、身体に優しいお水が冷水、温水でいつでも飲み水として利用できる事です。

 

コスト面では年間のお水代が、市販されているペットボトルの天然水を利用するよりも安くなります。

そして、ガスや電気ポット等を使用してお湯を沸かしたり、保温したりする必要が無くなる為、電気代の節約にもなります。

 

また、天災、災害等の非常時にも常備水として利用する事が出来ます。

 

ウォーターサーバーを利用する場合、サーバー本体は販売会社から購入するかレンタルして使用する事になります。

 

 

ウォーターサーバーに使用するお水の種類

 

SA 0010

 

ウォーターサーバーに使用するお水が、自分の好みに合う事も重要です。

 

多くの場合、ウォーターサーバーにセットするお水は定期的に自宅に届けられるという契約システムになりますが、契約する会社によってウォーターサーバーのレンタル料やお水代、選べるお水の種類等が異なってきます。

 

ウォーターサーバーに使用されるお水は様々な地域で採取される天然水の他に、海洋深層水やRO水等が使用されています。

 

RO水とは特殊な方法で不純物やミネラル成分を全て取り去った純水です。そのため安全ですが、少し味気無いお水となります。

 お値段も天然水に比べるとお安くなっている事が多いようです。

 

 

ウォーターサーバーを選ぶ際のポイント

 

SA 0009

 

ウォーターサーバー本体も、選ぶ際にポイントとなる点が幾つかあります。

 

 

1. サイズ

ウォーターサーバー本体を設置するにはそれなりのスペースが必要となります。また、床に置くタイプの物や、卓上タイプのものがあり、サーバー本体の高さ等が異なります。

それぞれの目的や用途に合わせて選ぶようにしましょう。

 

 

2. お水のボトル設置場所

機種によって、ウォーターサーバーにお水のボトルを設置する場所が異なります。

主にサーバー本体の上にお水のボトルを設置する上置きのタイプと、サーバー本体の下部に設置する下置きのタイプがあります。

 

お水は重量があるため、設置が楽な下置きタイプのサーバーは女性の方等におススメです。

また、サーバーの機種によってお水のボトル交換方法が若干異なります。ボトル交換は頻繁に行うものなので、お水のボトル設置場所と共に使い易い物を選ぶようにしましょう。

 

 

3. 使用済みのボトルの処理法

契約する内容によって宅配されるお水の入ったボトル(容器)の処理方法も異なります。

 

リターナブル方式

お水を入れるボトルを繰り返し使用する方式です。使用済みの空のボトルは返却する必要があり、ボトルを保存しておくスペースや返却の手間がかかります。

資源をリサイクルする事により、地球に優しいECO方式となります。

 

ワンウェイ方式

使い捨てのお水ボトルを使用する為、使用済みの空のボトルはご家庭でゴミとして処分できます。

 

4. デザイン

機能には関係ありませんが、サーバー本体のデザインがお部屋とマッチするかどうかという事も考慮しておきましょう。

サーバー本体は実用性で選ぶのがが第一ですが、それなりのサイズがあるためにお部屋の中で結構目立ちます。

 

 

おススメの ウォーターサーバーをこちらでご紹介しておりますのでご覧ください。

おススメのウォーターサーバー

 

 

 

 

 i7

 

 

 

 

 

 

 

 

Pocket