女性の薄毛治療は病院の何科に行く?

女性の薄毛治療は何科で行う?

 

薄毛や抜け毛が気になってきたら、ひとまず一般の病院を訪れて診察をしてもらいたいと考える人もいると思います。

しかし、自分は一体何科にかかれば良いか分からない、という事で迷ってしまう場合があるかもしれません。

 

総合病院のような大きな病院では建物内にいくつもの科があり、受付で尋ねればとりあえず何科に行けば良いか教えてくれます。

そこでの診断結果によっては、医師が別の科を受診するように判断する事もあり、いづれにしても迷う事は無いでしょう。

 

その為初めて行く場合は、婦人科や皮膚科専門の小さな医院よりも大きな総合病院を訪れると良いです。

 

 

皮膚科を受診する場合

 

頭皮に発疹や痒み等の明らかな頭皮の異常による薄毛や抜け毛といったトラブル、円形脱毛症等の場合には皮膚科を訪れてみます。

 

 

内科を受診する場合

 

強い薬を使用した副作用、栄養の欠乏や内臓の不調等が頭髪のトラブルに関係しているような場合は内科を訪れてみます。

 

 

婦人科を受診する場合

 

更年期、妊娠や出産、生理不順等でホルモンバランスの乱れの疑いがある場合は婦人科を訪れてみます。

ホルモンバランスの乱れが髪の毛の発毛や成長に悪影響を及ぼす事があり、ヘアクリニックの薄毛治療ではホルモンのバランスを整える為にこれを補う事があります。

 

しかし、婦人科では病気を改善する為に女性ホルモンの補充等の治療が行われても、発毛や育毛を直接の目的としたものではない為、薄毛への効果は十分に期待出来ないという事が多いようです。

 

 

精神科を受診する場合

 

精神的な強いショックやストレスが原因となって薄毛や抜け毛が起こった場合、精神科を訪れてみます。

 

 

一般の病院で行う薄毛治療とは

 

病気の治療を目的とする一般の病院でしてもらえる薄毛治療は、主に身体の異常や病気を治すといったものが殆どです。

したがって、加齢や審美的理由での薄毛治療に対してはあまり期待する事が出来ません。

 

 

女性の為の薄毛治療に戻る

 

 

i7

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Pocket